ヒーローのルックにして拳法の達人、探偵にして放浪のストリートファイター。 少年の心をくすぐりまくる欲張りな設定はそのままに、ついに実写で再現される衝撃のアクション世界を創り出したのは坂本浩一監督。長年アメリカを主戦場とした彼が、原作のカンフーアクションへのリスペクトに加え、現代ハリウッドのハードアクションのエッセンスを詰め込んで蘇ったのが映画「破裏拳ポリマー」である。 主演は溝端淳平。”師匠”坂本浩一と4ヶ月みっちり取り組んだ格闘トレーニングを経て、ついに実写で蘇る奥義・破裏拳を駆使して悪を倒す姿に観るものの心が奪われる。

タツノコプロ55周年記念作品として、2017年5月に公開される本作。ニッポンは特撮の域を完全に超えたヒーローエンタテインメントの出現に驚愕し、CGでは再現できない接触型アクションの迫力に酔いしれるのだ!

原作「破裏拳ポリマー」とは… 2017年に55周年を迎えるタツノコプロによる、1974年10月~75年3月までNET(現在のテレビ朝日)系で放映されていたSFアクションヒーローアニメ。「ガッチャマン」「キャシャーン」の流れを受け継ぎながら、コメディの要素を取り入れたことが特徴。破裏拳流とは主人公・鎧武士が操る最強拳法のこと。